海外勤務前後のコーチング


コーチングにより、あなたの従業員やパートナーが、迅速に上手く新しい職場になれていくお手伝いができます。

海外転勤は、あなたの従業員や企業にいろいろな機会を提供してくれますが、またそれは挑戦でもあります。海外勤務というのは、社員が素早く自分自身を新しい場所に慣れさせ、新しい環境でうまくやっていけるときに成功であると言えます。ほとんどの場合、社員は、社内のトレーニングに付け加えて、言語トレーニング、リロケーション会社からの現地でのサポートを受けます。

個々のプロフェッショナルなコーチングを受ける事により、コーチングがこれらの待遇の補足となって社員が現地にうまく統合し、新しい環境で素早く結果を出せるようにするためのお手伝いになる、とBAS コーチは考えています。

あなたの社員やパートナーが新環境に適応できるように、コーチングは的を絞って指示を与えます。

  • コーチングは転勤直前に始め、新しい役職に就いてからおよそ3ヶ月の間まで行われるのが理想です。
  • コーチングのゴールはあなたの社員がうまく現地に調和し統合できる事を目標にしています。
  • コーチングの一つの主な焦点は、社員が受け入れ国で文化やビジネスの実践における違いに対応できるよう準備をすることです。それにより社員は、新しく、いつもと違う状況に、目的をもってアプローチし続ける事ができます。
  • 現在の仕事中に出てくるリーダーシップの衝突は、コーチングのトピックになります。また私たちは良い解決法を見つけるために頑張ります。
  • コーチングはまた顧客や当局, 受け入れ国の社員と積極的にコンタクトをとる事にも焦点を当てています。
  • 海外転勤者の個々の状況は、コーチによって注意深く観察されます。それにより、最も必要とされる部分にコーチングが与えられます。


このプログラムは、海外で長期勤務した後ドイツに戻ってこられた社員にも適応されます。これにより社員が素早く現場に慣れるのを保証し、社内でで彼らが成功するのをサポートします。

コーチングは、電話やスカイプを通して個々に行われます。あなたとあらかじめ相談したあと個々にプランが作られます。

個々のコーチングプログラムについてのご相談はベッティーナ アルサディック ルインスキーまでご連絡ください。

alsadik@bas-coaching.com
携帯: +49(0) 174-3110529